shukatsu-mensmake

 

就活では、コミュニケーション能力や情報分析能力など、様々な能力が問われますが、見た目もその一つの評価基準になりうるということを忘れてはいけません。

「中身と同じくらい見た目も大切」ということだ。

実際に、見た目を改善しただけで選考通過率が劇的に上がった学生をこれまで何人も見てきた。(週刊ダイヤモンドより引用)

しかし、いくら外見が大事とは言っても、外見は先天的な要素が多いことも事実です。

そんな時、あなただったら外見を変えるための方法としてどのようなものを思い浮かべるでしょうか。

美容整形?マッサージ?

これらの方法は、気軽にはできない上に効果が現れるまでにある程度の時間を要します。

では、メンズメイクという方法はどうでしょうか。

メンズメイクなら、簡単にリスクを抑えて外見をよくすることができます。

そこで今回は、実際の就活で使えるメンズメイクを紹介したいと思います。

今回はベースメイク編になります。メイキャップ編はしばしお待ちください。

 

ベースメイクってそもそも何?

ベースメイク編

ベースメイクとは、化粧下地、BBクリーム、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーまでのことを言います。

ベースメイクをすることで肌の色味を白くすることやメイキャップをしやすくするというメリットがあります。

男性はベースメイクだけでもかっこよくなれてしまうので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

たった3ステップで魅力的に見えるメンズ向けのベースメイクとは?

では早速就活に使えるメンズのベースメイクを紹介していきます。

今回は、おすすめのコスメや使い方まで解説していきます。

step1 化粧下地でテカリを抑える

化粧下地は肌の凹凸を抑え、化粧ノリをよくするというのが本来の目的です。

それに加え、最近の化粧下地は肌のテカリを抑えることができるものが増えています。

そこで今回紹介する商品が、セザンヌの皮脂テカリ防止下地です。

セザンヌ皮脂テカリ防止下地

こちらの化粧下地は、化粧下地としての機能性が高いのはもちろんのこと、男性にとっても自然な色味で、とても使いやすい商品となっています。

化粧下地の塗り方をマスターしよう!

化粧下地の塗り方はとっても簡単なんです。

まずは、化粧下地を小豆一粒分(画像)くらいとります。

次に頰→顎の順番で満遍なく塗っていきます。

step2 ファンデーションで肌を白くする

ファンデーションを使うことで肌の色をワントーン以上アップさせることができるんです。

肌の色が黒くて印象が悪いという方もファンデーションを使うことで印象を簡単によくする事ができます。

ファンデーションを使う前に必ず化粧下地を使ってあげるようにしましょう。

なぜなら、ファンデーションは粉の粒子が大きく、肌を傷つけやすいからです。

ファンデーションでおすすめの商品は、ミシャのMクッションファンデーションになります。

ミシャ クッションファンデーション

ファンデーションの塗り方をマスターしよう!

ファンデーションの塗り方も化粧下地の塗り方と大差はありません。

クッションファンデなら、パフ(クッションファンデーションに付属しているスポンジ)の3分の1程度取ります。

とったら、先程と同様、頰→顎の順に叩きつけるように塗っていきます。

次に残ったファンデーションで、残った部分に塗っていきます。

小鼻などの細かい部分には、パフを半分に折り曲げて塗ると塗りやすいのでやってみてください!

step3 コンシーラーで青髭やニキビを消す

コンシーラーは、とてもカバー力が高いという特徴があります。

そのため、青髭やニキビなど、目立った部分にも対応することができます。

コンシーラーは、そのカバー力ゆえ、ファンデーションのように顔全体に使うと色が変わりすぎてしまうので、部分的に使うことをおすすめします。

また、コンシーラも粒子がかなり大きいので、化粧下地を塗らずに使うと肌を傷つけてしまいかねません

必ず、コンシーラーを使う前には、化粧下地を使いましょう。

Menk編集者がおすすめするコンシーラーはケイトのスティックコンシーラー ナチュラルベージュになります。

kate スティックコンシーラー

メンズの肌にあった色味となっており男性でもとても使いやすいのがポイントです。

またスティックタイプなので、持ち運びにも便利です。

なので、面接の前などの短時間でも使えてしまいます

コンシーラーの使い方をマスターしよう!

コンシーラーはカバー力がとても高いのが特徴なので、使いすぎには注意です。

とはいえ、とてもコンシーラーは使いやすいコスメです。

使い方はとても簡単、ニキビや青髭、赤みなど気になる点にサッと塗ります。

コンシーラーの使い方

そのままでは色が浮いてしまうので、手やブラシを使ってなじませていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これからの時期、OB訪問やグループディスカッション、面接など就活もいよいよ正念場です。

そんな時に、メンズメイクはあなたの心の余裕を高めてくれたり、採用の可能性を高めてくれたりしてくれるでしょう。

メンズメイクは予想以上にハードルが低いものです。

次回は男性でも簡単にできてしまうメイキャップについてご紹介します。