【最新版】購入場所も紹介します!新型コロナウイルスを予防できるマスク3選

新型コロナウイルスって?

new-corona-virus

2020年早々、驚くべきニュースが飛び込んできました。通称新型コロナウイルスの発生です。

今回の自体は、中国が発生源であるとされており、お隣の国、日本国内でもただ事ではすまないという雰囲気になってきています。(新型コロナウイルスの詳細は以下の通り)

2019年12月以降に、中華人民共和国湖北省武漢市江漢区の華南海鮮市場(中国語: 华南海鲜市场)を中心に発生したコロナウイルスによる肺炎の流行事態である。

2020年1月20日、中国国家衛生健康委員会専門家グループ長、感染症専門家・鍾南山は院内感染により医療関係者にも感染者が出たので、人から人への感染の可能性が高いと警告し、武漢になるべく行かないように呼びかけた。また、1月24日から始まる旧正月の連休に伴う大規模な人の移動が予想されるため、保健機関は警戒している。Wikipediaより引用)

新型コロナウイルスの発展は動物から人へ、人から人への感染へとなってきており、人類にも牙を向け始めています。

そこで今回は、新型コロナウイルスの対処法についてまとめてみました。

致死率は高い?新型コロナウイルスの症状は?

厚生労働省の発表によると、

当該疾患の患者の症状は、発熱、全身倦怠感、乾いた咳。 入院患者では呼吸困難も多い。 (厚生労働省の資料

新型コロナウイルスの蔓延によって、中国では既に170人が死亡した(2020年1月30日時点)とされており、大変深刻な事態となってきています。

また、新型コロナウイルスの致死率は現時点で3.1%とされており、1918年から流行した『スペイン風邪』の0.4%を上回る勢いとなています。

新型コロナウイルスの予防法はこれ

virus-prevention

さて、新型ウイルスはかなりの猛威をふるっていますが、具体的な対処法は存在します。

今の所、具体的にウイルスを予防する方法は、以下の二つです。

  • 微粒子用マスクを使う
  • 手洗い、うがいを入念に行う

手洗い、うがいを入念に行うことで最低限ウイルスの流入を予防することができます。

いつもより入念に手洗い、うがいをすることをしましょう。

また、微粒子用マスクで新型コロナウイルスを防ぐという方法も存在します。

では、実際に予防する事ができるマスクについて見ていきましょう。

新型コロナウイルスを防げるマスクは意外と少ない!

新型コロナウイルスを予防することができるマスクは、現在のところ、N95と呼ばれているマスクのみです。

N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、アメリカ合衆国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。

N95 規格とは、アメリカ合衆国 NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health)が定めた9種類の基準の中で最も低いもので、「N」は耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表している。(Wikipediaより引用)

新型コロナウイルスを防ぐことが出来るマスク3選

ここからは、新型コロナウイルスを最適に予防できるマスクを3つ紹介します。

これからもコロナウイルスが蔓延すると、売り切れが続出する場合があるので注意して下さい。

ミドリ安全 N95検定マスク

ミドリ安全 N95検定マスク

カップ型マスクと呼ばれているもので、紐が上下に着いています。

風の入口を上下の紐で完全に封鎖することで新型コロナウイルスを防ぐことが出来ます。

このマスクは、呼吸を圧迫しないように口元が空洞状になっています。

購入はこちらから

3M(TM) N95微粒子用マスク 1860シリーズ

N-95-2

日本ではあまり見ない形のマスクですが、中国では衛生面の問題からつけていることは一般的なマスクです。

難関な製品検閲をクリアした高品質のマスクなので、できる限り感染のリスクを減らしたい方におすすめです。

購入はこちらから

CF1400 N95 マスク 20枚入り

CF1400 N95 マスク

日本でも一般的なマスクにかなり近い形のN95規格マスクです。

ナチュラルな形状でありながら、高度な試験をクリアしており、高いウイルス予防性能を誇ります。

購入はこちらから

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今後も猛威を振るうと予想されている新型肺炎。

早め早めの対策が今求められています。