【脂性肌】メンズにも乳液が必要!乳液の効果から使い方まで完全解説!

多くの男性は、脂っぽい肌が気になっていると思います。

時間が経てば顔のテカリが気になって何も手につかない。メンズの悩みは尽きません。

「脂性肌だから洗顔後のスキンケアは、化粧水だけで良い。」そんな風に思って、乳液を使わなかたりしたことはありませんか。

しかしそれは大きな間違いです。ベタつく脂性肌にこそ乳液は必要です。

 そこで今回は、なぜ男性にとって乳液が必要なのか、また乳液の効果とはたらきを解説していきます。

乳液の目的とはたらき

乳液は、「ふた」の役割を果たします。

つまり乳液によって、肌の水分の蒸発を防ぎつつ、油分で膜を作って肌を乾燥などから守ります。 

洗顔後のスキンケアとして、化粧水を肌に馴染ませますが、それは一時的なことで時間が経つと蒸発して乾燥してしまうため、肌が水分不足になってしまいます。

それを防ぐために乳液が必要になるのです。

もし、乳液を使った後のテカリが心配な方は、サラッとタイプの乳液を使うことで、この問題を解決できます。

また、「化粧水と乳液を一度で済ませたい」という方に向けて、Menkでは化粧水と乳液が一つになった保湿ジェルを紹介しています。

手早くスキンケアをしたいという方は、必見です!

脂性肌にこそ乳液が必要な理由

まず、肌のメカニズムを理解しましょう。

「潤いが足らない」と感じた肌は、それ以上水分が抜けないように、また、外部からの刺激を守るために皮脂を分泌します。

基本的にメンズは皮脂が多めです。

しかしそれ以外にも乾燥に危機を感じた肌が皮脂を過剰に分泌してしまうことで

脂性肌となっている場合(乾燥性脂性肌)もあります。

脂性肌な男性の中には、この過剰な皮脂分泌がテカリやベタつきの原因になっていることも少なくありません。

そんな過剰な皮脂分泌によるベタつき肌を根本的に改善するには、

肌に水分をしっかりと与え、水分と油分をコントロール・キープすることが不可欠です。

それをできるのが乳液です。

乳液を使う順番

乳液を使うタイミングは

1洗顔

2化粧水

3乳液

の順番で使います。

乳液はスキンケアの最後に使うようにしましょう。もし、もっとしっかりとスキンケアをしたい人は、スキンケアの際に美容液を使うことをおすすめします。

以下の記事で美容液の使い方と効果について説明しているのでぜひ参考にしてみてください。

 乳液の使い方

次に乳液の使い方について説明します。正しい使い方を覚えてしっかり肌を保湿しましょう。

1. 化粧水で肌を整え、2~3分放置

2. 化粧水が浸透したら、乳液を顔全体に馴染ませる

3. 乾燥しやすい目元や髭剃りをした部分にはピンポイントで馴染ませる

4. 最後に手のひらで顔を覆うようにハンドプレスをする

最後に行うハンドプレスには、リラックス効果や結構促進効果などがあるのでぜひ取り入れてみてください!

メンズが乳液を使う時のポイント

メンズが乳液を使う上で気を付けたいポイントを紹介します。

一回の使用量を守る

油分を含む乳液は、1回の使用料を必ず守るようにしましょう。

必要以上の乳液のつけすぎは、毛穴の詰まりなど肌トラブルの原因となるので、適量がベストです。

こすらない

乳液は肌の水分蒸発を防ぐためにフタをするのが目的です。

肌を薄く覆うイメージで馴染ませるようにして、こすらないようにしましょう。

オールシーズンで使う

「夏はベタつくから乳液を使いたくない。」と思うかもしれません。

確かに夏はベタつきやすいのですが、紫外線を受け日焼けした肌は乾燥も深刻です。

化粧水で潤した後、乳液を使い肌をしっかり保護しましょう。

メンズも乳液をしっかり使おう

いかがでしたでしょうか。化粧水の効果を持続させるには、乳液は必要不可欠です。

肌の水分と油分をコントロールしつつ、乾燥しないためにフタをすることが非常に大切です。