【メンズスキンケア】男性向け化粧水の使い方!化粧水の知識・使い方を徹底解説

化粧水はスキンケアの基本です。

ほとんどの男性も洗顔後に化粧水を使用すると思いますが、なぜ化粧水をつけているのか理解して正しく使用することが大切です。

男性は皮脂量が多いので、化粧水をつけない人も多いと思いますが、実はそのつけないことが乾燥の原因かもしれません。今回は化粧水の使い方を紹介します。

 化粧水とは

化粧水は基礎化粧品の一つで、肌に水分を与える役割を持っています。

化粧水と名がつくので、水分補給の役割があるというのは、なんとなく理解しているでしょう。

しかし、肌に水分を与えるだけでは、スキンキアには限界があります。

そのため、最近の化粧水には、水分以外にも多くの美容成分が配合されています。

 化粧水の役割

化粧水は基礎化粧品の一つで、肌に水分を与える役割を持っています。

化粧水と名がつくので、水分補給の役割があるというのは、なんとなく理解しているでしょう。しかし、肌に水分を与えるだけでは、スキンキアには限界があります。そのため、最近の化粧水には、水分以外にも多くの美容成分が配合されています。

水分を保持することで、肌の弾力が高まります。固まってしまっている肌では、成分の浸透率は低下しますが、毎日化粧水を使い続けることで肌がもちもちになり、美容成分の効果も高まります。

その美容成分の種類は豊富ですが、特に保湿効果の高いグリセリンは再生機能を促し、モテ肌のための土台作りに効果を高めます。

また皮膚を柔らかくするエモリエント成分も化粧水には多く配合されています。肌を柔らかくすることで、肌内部の機能が高まり、ターンオーバーの乱れを整え、結構促進効果も高めてくれます。

これまで、化粧水を水分を補うためのアイテムだと思っていた人も、化粧水にはモテ肌作りの土台を整えるために欠かせない成分も同時に配合されていることを理解し、スキンケアへの意識を高めていきましょう。

 化粧水の使い方

手で行う化粧水の使い方

1.化粧水を500円玉の大きさで手に取る

2.両手でしっかり顔の内側から外側にゆっくり化粧水を浸透させる

3.100円玉の大きさの化粧水を手に取る

4.小鼻周りや口元の輪郭、目元など細かいパーツに指を使って化粧水を浸透させる

正しい化粧水のやり方としては、さらに100円玉の大きさ、1円玉サイズの化粧水をプラスして手間をかける方法が全顔を綺麗にケアすることができます。

化粧水をたっぷり使うことを意識し過ぎて、顔全体に化粧水を浸透させることができないのはダメです。

面倒に感じるかもしれませんが、スキンケアは正しい方法で手間をかけることで効果が高まります。

コットンを使った正しい化粧水の使い方

1.化粧水をコットンに染み込ませる

2.コットンを染み込ませることができたら、顔の内側から外側に向けコットンを当て顔に馴染ませる

3.コットンを折込、細かいパーツにもしっかり化粧水を与える

4.顔全体にしっかり化粧水を浸透させる

コットンは水分が無くなったら適宜、化粧水を足しましょう。

コットンを使うことで、素手で行うよりも化粧水の浸透率が高まるので、コットンを使うことを推奨します。

化粧水を使って、顔全体に浸透させることができたら乳液を使ってフタをしてあげましょう。

 まとめ

化粧水はただたくさん付ければ良いわけではなく、しっかりと浸透させることが大切です。たくさん付けて保湿できている気になってしまうとよくありません。

正しく使って、美肌を目指しましょう。

☑️スキンケアは化粧水だけでなく、乳液やクレンジングを使用するのが大切です!スキンケアについて詳しく解説した記事がありますので気になる方はチェックしてみてください!