【化粧水と乳液のちがい】化粧水と乳液の役割と正しい使う順番

洗顔をして、化粧水をつけ乳液で仕上げる。

スキンケアの基本ですが、化粧水や乳液を使う順番や、それぞれの役割を理解していない人もいるかと思います。

今回は化粧水や乳液を使う順番と、それぞれの役割についてご紹介します。

肌の水分を保湿する化粧水

化粧水を構成する成分のほどんどが水溶性成分で、主に肌に水分を与える役割があります。

洗顔によって皮脂を取り除いた肌はとても敏感なので化粧水によって保湿する必要があり、肌表面に吸収される水分の寮には限界があるため、重ねて塗ることや、塗りこむ必要はありません。

手のひらやコットンに化粧水をとり、優しくなじませていきましょう。また、乾燥する木になる部分がある方は重ねづけをしましょう。

また、知らない方が多い事実ですが、日々生活を送っていると乾燥肌でなくても常に肌の水分が失われていきます。そして、乾燥こそがニキビや肌荒れの天敵なのです。

保湿を保ってくれる乳液

乳液には化粧水や美容液の水分が逃げないようにする「フタ」のような役割があり、洗顔後に化粧水をつけるだけではせっかくつけた化粧水が蒸発して失われてしまうため、それを防ぐために乳液を使います。

乳液には基本的に油分が入っているため、乳液を塗ることによって水分の揮発を防ぐといったことがあります。これは人工的な皮脂膜のような役割を乳液が担っていることになります。

化粧水・乳液の使う順番

『化粧水→乳液』の順番で使います。

化粧水を使うときはたっぷりと使っても問題ありませんが、乳液は1円玉から10円玉くらいの大きさが適量です。

化粧水がなじまないまま乳液をつけてしまうと化粧水による潤いを感じられないので、しっかり化粧水が肌になじんでから乳液を使ってください。

さらに、とても乾燥する冬場などは乳液の上からクリームを塗ってみたりしても良いかもしれません。

化粧水のつけ方

  1. 洗顔後なるべく早く化粧水をつけ、なじませる
  2. 素早く乳液やクリームを塗る

まとめ

基本的な化粧水と乳液の役割について書きました。まずはスキンケアに対する正しい知識をつけて、かっこいいメンズになっていきましょう。

☑️化粧水の使い方を下記の記事で解説していますので気になる方はチェックしてみてください!