男性の乾燥肌対策に有効活用!加湿器選びのポイントを解説

冬の季節になると、空気が非常に乾燥して、人の肌は乾燥肌になりがちですよね。

カサカサと肌がささくれたり、手があかぎれになったりと、肌の乾燥は大きな肌トラブルの一つです。

また、室内で過ごす時間の大半はエアコンの送風のもとで過ごすため、風を受けた肌からは水分が蒸発して、よりいっそう肌の乾燥が進行してしまいます。

そんなときに活用したいのが、室内の空気中に適度な水分を補ってくれる加湿器です。

しかし、自分の部屋に適した加湿器を選ばないと、加湿器の効果が半減してしまいます。

そこで今回は、加湿器がどのように乾燥肌対策につながるのか、どういった観点で加湿器を選べばよいのかなどについて解説していきます。

1. そもそも加湿器は乾燥肌対策になるのか

そもそも加湿器を使うことで、本当に乾燥肌対策につながるのかと疑問を抱く方もいると思います。

結論から言うと、加湿器の使用は乾燥肌対策に一定の効果を期待できます

具体的に説明すると、加湿器によって部屋の湿度を上げたからと言って、完全に乾燥肌を防げるということではありません。

なぜなら、加湿器によって空気中に増えた水分がそのまま肌へと移行するわけではなく、あくまで湿度が高くなることで肌の表面から蒸発する水分の割合が低くなるというだけだからです。

なので、加湿器を上手に活用して肌の表面から水分が蒸発するのを抑えつつ、保湿クリームなどの化粧品類を使用したり、保湿成分の素となる栄養分を食品から摂取したりすることが大切になります。

2. 加湿器の性能が部屋の広さに合っているかを確認

加湿器を選ぶ際に、まず最初に注意したいのが、適用畳数です。

つまり、加湿器の加湿性能の範囲が自分の部屋の広さに見合っているかということです。

加湿性能に対して、加湿する部屋が広すぎると十分な加湿効果が得られず、反対に狭すぎると湿度が高くなりすぎてカビやダニの温床になってしまいます。

めぼしい加湿器が自分の部屋の広さに適しているか、しっかりと事前に確認するようにしましょう。

3. ハイブリッド型加湿器を選ぼう

加湿器には、いくつかの方法で蒸気を発する加湿器に分けられます。

よくアロマデュフューザーとしても使われ、人気が高いのが超音波式といわれる加湿器です。

おしゃれなデザインが採用されて、インテリアとしても人気な超音波式加湿器ですが、雑菌やカビが繁殖しやすく、何より加湿性能があまり高くないので、乾燥肌対策としてはそこまでおすすめできません。

次に、スチーム式といわれる加湿器がありますが、こちらはタンクの中の水をヒーターで温めて蒸発させた湯気で加湿するというものになります。

一気に熱した水分を蒸発させることができて加湿性能が高い上に、加湿スピードも早いことから、乾燥肌対策には効果的です。

しかし、スチーム式は熱や音の発生が大きく、ランニングコストが高め(電気代が多くかかる)というデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが、ハイブリッド式加湿器というものです。

これは簡単に言うと、前述したスチーム式の方法と、送風によって蒸気を発生させる気化式の長所を兼ね備えたような加湿器になります。

超音波式や気化式の加湿器よりも加湿性能に優れ、スチーム式よりも消費電力が低いため、コスパよく乾燥肌対策に取り組みたい方におすすめです。

加湿器とスキンケアで正しく保湿

いかがでしたか?

加湿器は、上手に適した使い方をすることで、冬場の乾燥肌対策に効果を発揮します。

乾燥した空気に肌を極力さらさないようにするためには、室内の湿度を50%から60%の理想的な環境に保つように心がけましょう。

また、乳液や保湿クリームなどの基礎化粧品を使ってスキンケアをしたり、肌の再生力を高められるよう規則正しい生活を心がけることも、乾燥肌対策にとって重要だということを覚えておきましょう。