【メンズメイク初心者必見】正しい洗顔の回数と誤った洗顔について解説

洗顔はたくさん洗顔をすれば綺麗になると思っていませんか。実はそんなことなく、適切な回数の洗顔を行うことが大切で、洗顔のし過ぎは肌に負荷を与えてしまうため、かえって逆効果になります。

今回は正しい洗顔の回数と間違った洗顔について解説します。

ニキビや、毛穴汚れ、肌荒れに悩んでいる方は、洗顔回数や洗顔のやり方を見直してみてはいかがでしょうか。

正しい洗顔回数

洗顔は基本的に朝と夜の2回がオススメです。

これはあくまでも一般的な洗顔の回数であり、個人個人によっては1回の人もいると思います。また、季節によっても回数はある程度変わってくると思います。

洗顔料などを使用する場合は、夜のみの使用をお勧めします。

その理由としては、洗顔料には脱脂力があり、ある程度の刺激もあります。そのため、洗顔を行うたびに洗顔料を使って洗顔をしてしまうと、肌に刺激を与えて、肌がダメージを負ってしまいます。

メンズメイクをしている方や女性などは、メイクをすることがほとんどであるので、メイクをしっかり落とすためにも、夜に洗顔量を使用するのが良いと思います。

洗顔料の脱脂には、脱脂をすることによって、肌が乾燥しやすくなり、皮脂分泌量が多くなる可能性があります。その結果、皮脂が溜まって毛穴汚れにつながったり、ニキビの原因になってしまいます。

夏場など、汗をかいたりする季節は洗顔の都度、洗顔料を使うのではなく、水やぬるま湯で洗い流すだけにしましょう。

朝の洗顔は洗顔料を使わずに、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

理由としては、洗顔料を使用すると、必要な皮脂まで洗い流してしまう危険性があるからです。また、界面活性剤による刺激もあるため、洗顔料を使用するのは、1日1回程度に抑えるのが良いと思います。寝ている間の皮脂分泌の量を考えれば、洗顔料を使って洗い流す必要はあまり感じません。

脂性肌の人は、朝も洗顔料を使用しても良いですが、ほとんどの人には朝の洗顔料の使用は必要ないと思います。自分の肌に合った洗顔を行うことが求められます。

洗顔のし過ぎがかえって、乾燥を引き起こし、皮脂分泌量を増やしているという場合もあります。

自分の肌の状態をみながら、洗顔料を使用してみましょう。

洗顔のタイミング

洗顔のタイミングは、朝起きてと夜お風呂の時または、寝る前の2回が適切であると思います。

洗顔料を使用する洗顔は、夜のタイミング。朝の洗顔はぬるま湯でしっかりすすぎ、夜に溜まった汚れを落としましょう。

洗顔のポイント3つ

洗顔で大切なポイントは、「汚れだけを落として、肌の潤いは守る」ということです。そして、洗顔を行うときは、肌の摩擦に気をつけて優しく行いましょう。

1.濃密な泡で洗う

洗顔料をしっかりと泡立てて、泡をクッションにして洗うようにしましょう。理想は、手を逆さにしても落ちないくらいの泡が理想です。

濃密な泡で洗うことで、手と肌の摩擦が少なくなり、肌への負担が軽減されます。

上手く泡立てられない人は洗顔ネットを使って泡を立てることをオススメします。

2.すすぎをしっかりして洗いの腰がないようにする

洗顔を行うときの水温は33~35度くらいのぬるま湯が理想です。熱すぎると肌のダメージになり、冷たすぎると毛穴が引き締まってしまうため、汚れが落ちづらくなります。

髪の生え際、首回り、小鼻などの洗い残しが多い部分は念入りに、しっかりすすぎましょう。

3.力加減は優しく触れる程度に

泡をしっかり立てて、クッションのように優しく肌に触れるように洗いましょう。手で洗うというよりは、泡で洗うイメージです。

このように泡で洗うためにもしっかり泡立てることが求められるので、ネットを使ってしっかり濃厚な泡を立てましょう。

間違った洗顔のやり方

間違った洗顔行っていませんか。時間がないときや眠い時などもしかしたら行っているかもしれません。注意しましょう。

1.ゴシゴシ洗う

これは一番してはいけません。「ゴシゴシ洗えば汚れも落ちで完璧。」そんな風に思っている人も少なくはないと思います。ですが、これが間違いで、ゴシゴシ洗っても、毛穴の黒ずみや、ニキビが早く治ることなんてなく、むしろ肌を傷つけたりして、乾燥や肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ゴシゴシ洗うことがいけないということを知らないと、そのときは綺麗に洗えている気分でもそれは肌を傷付け、さらに汚れてしまい、負のスパイラルに繋がります。

ゴシゴシ洗わず、濃密な泡で洗うイメージで洗顔を行いましょう。

2.熱いお湯ですすぐ・冷たい水ですすぐ

熱いお湯は、肌にとって刺激になってしまいます。また、肌の皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥を招いてしまい、悪循環に繋がります。

冷たい水は、毛穴が塞がり、汚れをしっかり落とすことができません。毛穴が閉じていいのは汚れをしっかり落とした後に、肌を引き締める時なら良いと思います。

そのため、熱いお湯でもなく、冷水でもない、適度なぬるま湯ですすぎましょう。

3.すすぎ残し

洗顔料のすすぎ残しは、毛穴の詰まり、ニキビなどの肌トラブルに繋がります。フェイスラインや目尻、小鼻の脇、あご下などは、すすぎ残しが多い部位なので注意しましょう。

注意して、すすいでても、すすぎ残しが意外とあるので余計気を使ってすすぎましょう。

4.過度な洗顔回数

上記でも述べたように、過度な洗顔は肌へのダメージにつながります。どうしても洗顔をしたいときは、洗顔料を使わずに、ぬるま湯で洗い流すだけにしましょう。

肌に必要な皮脂を落とし過ぎてしまったり、表面の角質を削り取ってしまい、肌トラブルを招いてしまいます。

まとめ

以上が、正しい洗顔の回数と間違った洗顔方法でした。

洗顔のし過ぎが、肌トラブルに繋がることを知らなかった人は多いのではないのでしょうか。たくさん洗えば肌は綺麗になる。というわけではないのです。

適切な回数の洗顔と正しい洗顔をすることが肌を綺麗にすることにつながります。