【メンズメイク初心者必見!】男性のメイクの正しい順番ややり方について徹底解説!

・ニキビ跡やヒゲがとても気になっている

・綺麗な肌になりたい

上記の様なお悩みの抱えている方、メンズメイクをしてみるのはいかがでしょうか。今回の記事では、男性のメイク初心者さん必見の正しいメイクの順番ややり方についてご紹介していきます。

上記のお悩みを抱えている方だけでなく、メンズメイクに挑戦したいけどやり方が分からないという方もぜひ最後までご覧下さい。

メイク前のスキンケアについて

メイク崩れを防ぐ為には、メイク前にしっかりと丁寧にスキンケアを行っていくことがとても大切です。

化粧水で保湿を行う

まず最初に、洗顔が終わったあと化粧水を付けてしっかりと保湿を行っていきましょう。この時、乾燥を防ぐ為にも洗顔後なるべく早めに化粧水をつけることが大切です。また、特に男性の場合は髭を剃っている為その周辺が乾燥してしまうことが十分に考えられます。

お肌を触っていく際はゴシゴシと擦ることなく、お顔全体に付け忘れ部分がないよう丁寧にしっかりと優しく化粧水を付けていきましょう。

乳液でお肌にフタをする

化粧水の次には、乳液又はクリームを使ってお肌の保湿をしてきます。

化粧水を使って保湿した後は、乾燥させないように”フタ”をしてあげることも重要です。化粧水をつけて終わりにするのではなく、乳液又はクリームを塗ってお肌にきちんと”フタ”をしてきましょう。

気になるメンズメイクのやり方について

メンズメイクと一概にいっても様々なものが存在しますが、今回ご紹介するメンズメイクの流れとしては

BBクリーム→コンシーラ→パウダー

の順番となっております。それでは見ていきましょう。

BBクリームをお肌に塗って肌の色ムラを均一にして綺麗に

これ1つでもカバー力がありますので、メイクの時短にもなって嬉しいところです。

・指

・スポンジ

を使って、ムラができないよう丁寧にお顔にのばしていきましょう。

コンシーラーを使ってきになるところをカバー

・目の下のくま

・ニキビやニキビ跡

など、お肌で気になる部分がある場合はコンシーラーを使って隠していきます。

この時、指を使って優しくしっかりと馴染ませていくことが大切です。重ね塗りのしすぎは、厚塗りやメイク崩れの原因になる恐れがありますので注意をしてください。

特に、目元はよく動く部分ですので沢山つけてしまうと崩れ・ヨレてしまう恐れがありますので気を付けていきましょう。

仕上げとしてパウダーをのせる

お顔がサラサラになりますし、メイクを崩れにくくする上でもパウダーをのせることは大切。

・パフ

・メイクブラシ

など、様々なアイテムがありますので自分の使いやすいアイテムを見つけてパウダーをお顔全体にのせていきましょう。

また、またこの時も付けすぎには注意。

パウダーをとったら、軽くティッシュなどに余分についてしまったのを落としていきましょう。

メンズメイクを行う際のポイントとは

多くの重要ポイントがありますが、本記事内では2つのポイントについてお話します。

厚塗りに気を付ける

・綺麗なお肌になりたい

・メイクを完璧に仕上げたい

という気持ちも、とても良く分かります。

とはいうものの、全てを隠そうと厚塗りになってしまうのはNG。逆に不自然さが出たり、乾燥・メイク崩れの原因になったりする恐れが十分に考えられます。メイク中のお肌への負担も、とても気になるところです。

コンシーラーなどを使って気になる部分のみを隠して、全体のバランスをよくみながら厚塗りにならない様慎重にメイクを行っていきましょう。

 

メイク前にお顔にある油分はきちんとティッシュオフ

そのままの残っている状態では、メイク崩れの原因になってしまう恐れがあります。お顔の余分な油分は、そのままにすることなく優しく軽くティッシュで押さえていきましょう。

また、スキンケア→メイクの流れの中で事前に押さえてほしいのがこの間の時間を少しあけることが必要です。スキンケアをした後は、きちんと馴染ませる為に少し時間をあけてからメイクを行っていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事では、”男性のメイク初心者さん必見の正しいメイクの順番”についてご紹介をしていきました。

メイク・スキンケアなどに関して、関心を持つ男性も現在では増えつつありますが、何をどうすれば良いか分からないと悩みを持ってしまう男性も多いのではないでしょうか。

この記事を良い参考として、スキンケアをしっかりと行い正しい順番でメイクをして綺麗なお肌を目指していきましょう。

 

今回は、スキンケアからベースメイクまでをご紹介しましたが、他にも

・眉

・目元

・唇

などに関してのメイク方法もございますので、ぜひ本記事を良いきっかけに調べていくのもおすすめです。