どう使い分ける?肌の悩みに応じたコントロールカラーの使い方

肌の色の悩みを補色によって解決してくれるコントロールカラー。

コントロールカラーにもいくつかの色があるのは知っているけど、色が多すぎてどれを使えばいいかわからなかったり、どの色が自分の肌の悩みを解決してくれるかわからない、という人も多いと思います。

今回は、コントロールカラーの色によってどのように肌の悩みを解決できるかについて紹介します。

 

コントロールカラーってなに?

コントロールカラーと言われても、男性にとっては馴染みのない方が多いと思います。コントロールカラーとは別名CCクリームと言って、ファンデーションを塗る前に塗ることによって、より自分が目指したい肌に近づけるというものです。

基本的に悩んでいる肌の補色として使用することで、自分の気になる悩みを解決します。

 

ピンク色

肌に血色を出したいときはピンク色がおすすめ。手軽に血色が出ているかのように見せられます。

色白の人ほど効果的に見えます。

ファンデーションを塗ると、少し体調が悪く見えるなどと言われる方などに適しています。

 

イエロー

肌のくすみや色ムラが気になる人におすすめなのがイエローのコントロールカラー。肌をより健康的に見せられます。

日本人の肌の色にもあっており、『どの色を変えばいいか分からない!』という人におすすめの色です。

 

オレンジ

クマたるみ茶ぐすみなどの悩みを解決したい人はオレンジのコントロールカラー。

顔全体に塗るというよりは、気になる部分に塗るという使い方はおすすめです。

コンシーラーとして使用する方が多いかもしれません。

 

グリーン

赤ら顔や、ニキビ跡を消したい人にはグリーンのコントロールカラー。

顔全体に塗ると青白く見えてしまうので、気になる部分にだけ塗るのがおすすめです。

 

パープル

もっと肌に透明感を出したい!』という人におすすめなのがパープルのコントロールカラー。

肌の黄味を抑える働きもあります。

 

まとめ

今回はコントロールカラーの色によってどのように肌の悩みを解決できるかについて紹介しました。

コントロールカラーは肌の色ムラを整えてくれるので、自分の悩みによってコントロールカラーの色を使い分けてみてください。