【メンズ必見】知っておきたい自分にあった香水の選び方

みなさんは香水には4つの種類があることをご存知ですか?香水を買ったり、つけたりする前に、まずは香水の種類を把握することが大切です。なぜなら、香水の種類によって香りの強さや持続時間がことなるからです。今回は、メンズのための自分にあう香水の選び方について解説したいと思います。

パルファン

香水の種類の中でもっとも濃度が高いのがパルファンです。香水はスプレー状のものがオーソドックスですが、パルファンの場合は液体であることが多いです。パルファンは香りが強いため、結婚式などのフォーマルな場で使用されることが多いです。また価格は高いものが多く、どのブランドでもトップグレードの香水はパルファンであることが多いです。

濃度:15~30% 持続時間:5~12時間

オーデパルファン

オーデパルファンは濃度がパルファンに近く、ほどよく強い香りを楽しむことができます。価格はパルファンと比べると手頃なので手を出しやすいです。また、スプレータイプのものが多いため使い勝手が良いです。『パルファンでは香りが強すぎる、だけど強めの香りを楽しみたい!』という方におすすめです。

濃度:10~15% 持続時間:5~12時間

オーデトワレ

オーデトワレは、濃度がほどよくほんのり香る香水であるため、最も普段使いしやすい香水です。『これから香水をつけてみようかな?』という初心者の方におすすめの香水といえます。最もオーソドックスな香水であるため、香りやデザインなどの種類も豊富です。パルファンやオーデパルファンと比べ持続時間が短いからといって、たくさんつけすぎるのはNGです。長時間香りを漂わせたい場合は、持続時間が終わる頃に付け直すようにしましょう。

濃度:5~10% 持続時間:2~5時間

オーデコロン

オーデコロンは濃度が最も薄い香水で、爽やかな香りのもが多くあります。香りが弱いので、多少香水をつけすぎてしまっても大丈夫です。そのため香水ビギナーの方におすすめの香水といえます。また、その特徴からお風呂上がりやスポーツ後に使用されることが多い香水でもあります。
オーデコロンの香水はメンズ用が少なく、どちらかというとユニセックス用のものが多いです。

濃度:1~5% 持続時間:1~2時間

最後に

いかがでしたでしょうか。匂いは自分を表現する1つの手段でもあります。

しっかり自分に合う香水を見つけてみてください。