たらこ唇を治したいメンズ必見!自分で唇を薄くするマッサージ方法とは!?

『唇が分厚いのが気になる…』

『唇を薄くしたいけど美容整形はしたくない…』

そんな男性に、今回は、たらこ唇だった私自身が唇を薄くするために使ったマッサージの方法を徹底伝授します。

たらこ唇ってどんな唇のことを言うの?

たらこ唇とはその名の通り、たらこのように分厚い唇のことを指すのが一般的です。

魚のタラの卵である、たらこは2本1セットで産み落とされます。その形が、唇に似ていたことから、たらこ唇と名付けられたのではないかと考えられています。

地域や生まれつきにもよりますが、日本人男性はたらこ唇の方が多いように思えます。

ですので、たらこ唇をコンプレックスに感じている人は多いようですね。そんな方でもしっかり軽減できるので直していきましょう!

そもそもたらこ唇の原因って?

question

たらこ唇の原因は、生まれつきによるものや、加齢による衰えなど様々な原因があります。

しかし、いずれも共通しているのが、たらこ唇は、『唇の筋肉の衰え』が原因であることが多いということです。

生まれつき唇が分厚い男性も、放置していることで筋肉が衰えていることが多いんです。諦めずにこれから紹介するマッサージを実践すれば唇を薄くしていけますよ!

早速唇を薄くする方法を紹介!

たらこ唇の原因は先ほども述べたように、唇の筋肉の衰えであることが多いんです。たらこ唇を解消する方法は、美容整形、メンズメイクなど様々な方法があります。

しかし、いずれの方法も、大きなリスクがあったり、一時的なものであったりと、デメリットが多いことも事実です。

そこで、今回は、マッサージによって唇を薄くしていく方法について紹介します。今回紹介する方法は、私自身が試して成功した方法なので、色々な人にも通用する方法だと思います。

STEP1 口の周りの筋肉をほぐす

まずは、口の周りの筋肉をほぐしていきます。こうすることによって、口の周りの筋肉を動かしやすくなります。

やり方は、人差し指、中指、薬指の三本の指で口角を中心にほぐしていきます。これを30秒間続けます。

STEP2 口角を上下させるトレーニングをする

次に、口角を上げ下げするトレーニングをしていきます。このトレーニングをすることで、口の横の筋肉が刺激され、唇がどんどん薄くなっていきますよ!

具体的なやり方は、口を大きく開きながら笑顔を作るイメージで口を動かします。その後、口をすぼめるようにして口を閉じます。

この動作を1セットとして、10セット繰り返します。

STEP3 口を突き出し、引っ込めるトレーニングする

ステップ3は、唇の中央あたりを鍛えるトレーニングになります。具体的には、口を突き出し、引っ込めるトレーニングをしていきます。

まずは、口をタコの口のように突き出します。その後、STEP2と同じように口をすぼめます。これを1セットとして、また10回繰り返します。

STEP4 口を回すトレーニングをする

最後に、口を回すトレーニングをしていきます。これをすることで、唇全体を鍛えることができます。

やり方は、口をタコの口のように突き出します。その後、その口のままで、右に10回、左に10回ずつ回していきます。

最初は難しいかもしれませんが、何度かやっているうちに慣れてくるはずです!

まとめ

今回は、たらこ唇の対処法について紹介しました。

2日や3日で効果が出てくるわけではありませんが、まずは、今日始めてみましょう!