【美容男子向け】メンズは知っておくべき!ノンシリコンシャンプーとは?

男性の皆さん、ドラッグストアやスーパーでの売り場面積が徐々に拡大し、ネットでも話題となっているノンシリコンシャンプーとは何か知っていますか?意外とノンシリコンシャンプーという言葉は聞いたことあるけど、意味はわからない。そんな方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はノンシリコンシャンプーについて詳しく解説していきます。

そもそもシリコンとは何?

そもそもシリコンとは化学反応によって人工的に作り出されるケイ素を含んだ有機化合物のことです。人工的や、有機化合物と聞いただけで、少し嫌になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、シリコンが、有害なわけではありませんので勘違いはしないでください。

ちなみに、豊胸手術などで用いられるシリコンとは全くの別物ですのでご安心ください。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーとは文字通りシリコンを含まないシャンプーのことを言います。
では、シリコンを含まないことでどのようなメリット、デメリットが生まれるのか確認していきましょう。

ノンシリコンシャンプーのメリット3つ

カラーやパーマの持ちが良くなる

ノンシリコンシャンプーの一番のメリットは、カラーやパーマの持ちがシリコン配合のシャンプーに比べて持続しやすいということです。
シリコンには、髪のキューティクルに張り付いて髪を保護する働きがあります。そのためシリコン配合の含むシャンプーを使っていると、カラーやパーマの薬剤が浸透しにくくなってしまうのです。
また、シリコンの重さでカールがダレてしまって、パーマが取れやすくなってしまいます。

一方ノンシリコンシャンプーならシリコンが髪をコーティングしないので、カラーリングやパーマがしっかりとかかりその後の持ちもかなり良くなります。

髪に軽さが生まれる

シリコン配合のシャンプーを使うとシリコンのコーティング作用で髪に重さがプラスされます。
そのため髪の細い方などは、髪が全体的にぺしゃんと潰れてしまうことがあります。
ノンシリコンシャンプーなら髪に軽さが生まれるので、動きのあるヘアスタイルを作ることができます。

頭皮を健やかに保つことができる

シリコン配合のシャンプーを使った時にしっかりすすぐことができていないと頭皮にシリコンの成分が残ってしまうことがあります。
そのせいでフケや痒みなどの頭皮トラブルを招く可能性があります。
しかしノンシリコンシャンプーであれば、頭皮にシリコンの成分が残ることもないので安心です。

ノンシリコンシャンプーのデメリット3つ

髪がきしむ、手触りが悪くなる

今までシリコンでコーティングされていた髪がすっぴんの状態になるので、髪のきしみや手触りが悪くなったと感じる場合があります。
髪を染めたり、パーマを当てたりしている方からすると、少し厳しいかもしれません。

髪のダメージが進行する

シリコンでのコーティングがないとシャンプーをしている時に髪同士の摩擦でキューティクルが剥がれてしまうので、頻繁なカラーやパーマで痛んだ髪のダメージが進行してしまう場合があります。

ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い

ノンシリコンシャンプーには、髪をコーティングする作用がないので、ドライヤーやヘアアイロンの熱で髪がダメージを受けやすくなります。
出来るだけ、タオルで拭いたり、ドライヤーを当てるときに近づけすぎない等の配慮をすることが必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ノンシリコンシャンプーは全ての人にオススメできるわけではありません。
例えばブリーチなどで髪の傷みが激しい男性の方にはノンシリコンシャンプーではなくダメージケアの機能があるシャンプーがオススメです。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットをきちんと把握し、自分の髪質に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう!

☑️傷んだ髪はしっかりとケアすることが大切です。ヘアケアアイテムには様々なものがありますが、その中でもおすすめなのが韓国のヘアケアアイテム「moremo]です!テレビでも取り上げられるくらい話題のアイテムです。

「moremo]を紹介している記事がございますので、気になる方はチェックしてみてください!